死は自然に訪れるもの: ―穏やかな死の迎え方 ― Kindle版を出版しました。

死は自然に訪れるものー穏やかな死の迎え方ー著.長谷川晃代
死は自然に訪れるもの: ―穏やかな死の迎え方 ― Kindle版

をアマゾンにて本日出版いたしました。

[長谷川晃代]の死は自然に訪れるもの: ―穏やかな死の迎え方 ―

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08KD35BK1

○はじめに

皆さまは、死後の世界についてどのようにお考えでしょうか?
この本は、一般的には知られていない、死後の世界の真実に触れる内容となっています。
後から詳しく触れますが、私には生前の記憶があります。
そこで目にした霊界のこと。天界のこと。
この記憶が明確なものかどうか、探る日々でした。
霊について、さまざまなジャンルの能力者へ問い合わせ、私なりに調査してきました。
その中で、私の有している死後の世界の記憶と、宗教家や科学者などの見解がまったく違うことに、驚かされたのです。


○目次
はじめに 

第一章 あなたは自分や人の死を受け入れられますか? 

第二章 宗教が説く死後の世界

第三章 学者や能力者、動物が説く死後の世界
■先端脳科学者  A先生
■米医学博士 スチュワート・ハメロフ先生
■元東大医学部附属病院救急部・集中治療部部長 矢作先生
■催眠術 吉田かずお先生
■手話で話せるローランドゴリラ ココ

第四章 自然死させてもらえない現代社会
■医療での延命
■延命ありきの治療(玉置妙憂先生)
■能力者による延命
第五章 私の死後体験談と延命体験談 
■死後挨拶に来てくれた親友 
■心残りを伝えてくれた知人のお爺さん 
■脳溢血で亡くなった知人 
■霊能者・医師にまつわる様々な事例 
■能力をビジネスへ使う霊能者 
■霊能者の力で延命を行う親族一 
■霊能者の力で延命を行う親族二 
■余命宣告の判断ができない医師

第六章 輪廻転生とカルマについて私の見解
■自殺を選んだ場合
■医療や能力者によって延命した場合
■欲との深いかかわり
■恋愛経験による精神の強化

第七章 必ず訪れる死の迎え方